睡眠時無呼吸症候群

キャッチ

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、下記の様に定義される病気です。

・一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸や低呼吸が30回以上起こる。
・睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上起こる。


睡眠中に呼吸が止まった状態が断続的にくり返されるので、睡眠を十分取る事ができず、日中の眠気・集中力低下・活気に欠ける・居眠りがちになるなどの症状が起こりやすくなります。厚生省では睡眠1時間あたりの低呼吸数が20回以上おこる場合では、5年後の生存は84%(5年後の死亡率は16%)と報告しています。



治療について

【マウスピース療法】 マウスピース療法は、睡眠中に装着し、舌や下あごを前方に固定することで舌の後方の気道スペースを広げ気道の閉塞を防ぐ、身体への負担が少ない治療法として、いびき症と無呼吸症候群に用いられています。装着すると気道が開き空気が良く通るので、いびきや無呼吸に効果があると考えられ、その効果は高く、有効率は90%にもなると言われています。また、マウスピースは比較的安価(保険適用可)で、小型のポケットサイズなので旅行中など、いびきの気になる方が気軽に利用されるケースが増えてきています。

※顎関節症があると効果が低くなりやすいです。
※医科での紹介状が無いと保険適応ができません。

マウスピース療法


セカンドオピニオン

加納歯科医院ではセカンドオピニオンに力を入れています。
現在の治療方針に疑問や不安をお持ちの方、お気軽にご相談ください。
歯科医師によって考え方は様々ですので、全く同じ症状だったとしても歯科医院によって治療方針が変わることはごく普通にあります。
そこで、複数の歯科医師に意見を求めることにより、 より良い治療方法や患者様の価値観に合った治療方法を見つけることができるかもしれません。
また、たとえ複数の歯科医師から同じ意見が出たとしても、患者様としては納得を得ることができますので、安心して治療を始められるというメリットもあります。
患者様にとってより良い治療方法を見つけるためにセカンドオピニオンは有効な手段ですので、不安や疑問をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

セカンドオピニオン

お電話ください0586-62-3896

〒494-0007 愛知県一宮市小信中島字西五反田30

■診療時間

午前9:00~12:00
午後14:30~19:00

休診日/木曜日・日曜日・祝日

ACCESS MAP
地図の詳細はこちら 三心小信店より北に200メートル右側